チンジャオ娘最新作「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」のネタバレと無料ためし読みの方法

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

父と娘の近〇相姦かと思いきやそうではなく、”お父さん”とJ〇の女子学生が、処女喪失からエロエロの快楽Hまでを楽しむというドスケベな内容となっています。

 

最初はかなり暗いけれども、ハッピーエンドみたいですよ♡

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

 

俺は大手の会社のSE。
40過ぎてやっと主任に昇進したものの、俺にはこれと言ったものがなく、電車に揺られて毎日会社と自宅を往復する。
 
そんな俺にもたったひとつだけ大事なものがあった。
娘の陽葵(ひなた)だ。
 
 
ある日やっと帰宅して玄関の前に着くと夕食中の陽葵が俺の気配に気づいて駆け寄ってくる。
 
 
口にご飯粒をつけて俺が玄関に入るなり笑顔で抱き着いてくる陽葵
年頃の娘の大きな胸を腕に押し当てられた俺の心は癒しと歓喜を感じつつ、表面ではもうちょっと女の子らしくしなさいと注意する。
 
 
いつもの妻と娘と3人で食卓を囲み家族団らんする。
 
 
しかし、このところ俺はこの世でたった一人の娘を見ながらある疑念を消せないでいた。
 
 
俺と娘、本当に血がつながっているんだろうか……
 
 
会社の連中に見せても可愛いと絶賛されるJ〇の俺の娘
 
 
しかし、俺と娘が似ているとは、一回も誰からも言われたことがないし実際に似ていないのだ。
 
 
俺はずっとこのことが頭から離れないで悶々とし続けていた。
 
 
ある日チャンスがやってきた。
妻が友達と2泊3日の旅行に出かけて行ったのに合わせて俺は有休を取り、あるモノを待っていた。ほどなく宅配便で届けられた封筒を開封した。
 
 
と娘のDNA鑑定の結果は、完全に血がつながっていないと出た。
 
 
 
放心した俺は夜になっても飲んだくれていた。
 
 
DNA鑑定の結果、10数年懸命にそだててきた娘は他人だったのだ。
 
 
 
陽葵が学校から帰ってきた。父の夕ご飯を作るためにわざわざ早く切り上げてきたのだ。
 
 
台所で夕食を作ろうとする陽葵はリビングにいる父のただならぬ気配に気づく。
 
 
 
陽葵のムチムチした若い肉体がそばをすりぬけていったとき、とうとう俺は理性がプツッと切れた。
そして欲望のままに陽葵を押し倒した。
 
 
俺は今まで他人の子供を自分の全てをかけて育ててきた。
 
これは俺のためにあるんだ……!!
 
 
お父さん!!
 
 
陽葵は、自分を押し倒す俺に必死に呼びかける。
 
 
しかし俺は陽葵の必死のよびかけにも躊躇することはない。
 
 
押し倒した娘のシャツの胸元をひきちぎり、あらわになった大きな胸に俺は手を伸ばし陽葵の胸をもみしだき始めた。陽葵がやめてというが耳に入らない。

 

う……、んんっ……!

 

俺は胸の先を舌で舐め始める……

 
【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

この父、最初はなんかあまりかっこよくないなと思ったのですが、見慣れてくるといい感じに見えてきます。

筋肉質で会社と自宅以外にギャンブルもしておらず、誠実で不器用な男なんです。

 

家族から裏切られた男と、それを知らずにお父さんが大好きな陽葵どちらの心情も伝わってくるものがあり、1巻の大きな見どころになっています。

 

未経験のJ〇を40過ぎの男が処女を奪う様はすごくリアルでドキドキです。

 

そして2巻はお父さんのリードがエロいです……♡(2巻のネタバレが下に続きます) 

 

本作SNS情報(漫画:小桜クマネコさんツイッター)

全てオールカラーで肉感や陽葵の可愛い感じがよく表現されています。

 

ぜひ本作を読まれることをオススメします!

 

 

もはや今のことしか考えられなくなった俺は理性をかなぐり捨てていた。

 

俺が実の子だと思って全てを捧げてきた娘は、他人の子だった。

 

下着を脱がそうとする俺に抵抗する陽葵は、俺をまだお父さんと呼び、お願いだからやめてと懇願し続ける。

 

泣いている陽葵を見て俺はもっとやりたくなる。

 

パンツを引き下ろし、陽葵のアソコをくりくりと弄り回し始める。

 

クリュ クリュ クリュ クリュ

クチュ クチュ クチュ クチュ

 

床に伏せてア〇コをぐちゅぐちゅと掻きまわされ音がたち、ビクッと震えるお尻。

 

俺は陽葵にヒワイな言葉をかけイジメる。

同級生ともうセ〇クスしたか?と聞くと答えない陽葵。

 

トロトロのナカに指を入れると、陽葵は顔を背けて息を乱している。

 

陽葵は俺の手に感じているのだ。

 

彼氏とかに入れられることを想像しながらオ〇ニーしているのか?と聞くとと、やめて……と悲しそうに陽葵が言う。

 

次は指2本入るかなと畳かけながらお尻をなでるとガクガクし始める陽葵は、声を殺しながらも反応してしまう。

 

さらにア〇ルとマ〇コの穴を行ったり来たり愛撫していると、

 

あ、んあっっ !

 

とうとうイッた陽葵。

 

俺は自分の下着を降ろし、モノを取り出す。

 

「陽葵のナカに挿入したい」という欲求の一点に俺は集中している。

 

陽葵の足を大きく広げ、チ〇コをスリスリと陽葵のマ〇コにスリスリと擦り付ける。これだけでも凄い気持ちいい……。

 

私の知っているお父さんはこんなことしない、やめてと涙ながらに懇願する陽葵に対しても、俺はまったくうろたえず、すごく濡れているからすぐ入るだろうと言い放つ。

 

挿入しはじめると、痛がる陽葵。

皮が引っ張られるほど狭いソコにようやく入る。

 

痛い、痛いと苦しそうな陽葵。

 

じきに慣れるだろと俺は全く容赦なくグッグッと腰を突き入れる。

 

お、おお……ッ

 

すごい気持ちよさに射精感がせりあがってくる。

 

俺は随分久しぶりのナマの感触に打ち震えた。

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 2話「中に出したけど親子じゃないから問題ないよな」 見どころと感想 言葉責めがエロい……

超巨乳でむっちりしたお尻に、くびれた腰の陽葵。

小さい頃から娘のオムツの世話をしてきた俊樹はオトナになりきれていない陽葵に、俊樹は”おとうさん”口調でヒワイなことを何度も繰り出します。

この”おとうさん”口調がたまらなくエロく、大きな見どころです。

娘のマ〇コをじっくりと観察しながら手〇ンを繰り出す俊樹ですが、手つきがいやらしいです♡

 

この手〇ンと言葉責め、すっごいエロいのでぜひ本編でじっくりご覧ください♪

 

本作SNS情報②

J〇でこのエロエロな巨乳……お父さんはこの胸をどういただくのでしょうか……?!

 

 

ずっとずっと小さい頃から毎日陽葵の顔を見守ってきた俺。

 

陽葵に突き入れたこのときから、俺の陽葵に対しての目線は180度変わってしまった……。

 

陽葵に中だしした後も己の性欲に忠実に俺はまた陽葵の後ろから突き入れる。

十数年育ててきた俺にしっかりと報いろと言いながら、陽葵の弾力のあるお尻をつかみ後ろから激しく奥に打ちつける。

 

ズプ ズプ ズプ ズプ

 

あっ はっ ん、 んん……

 

パンッ  パンッ  パンッ  パンッ

 

んっ ん……! ふっ……!んあっ……

 

すこしずつ滑らかになっていくナカの感触にさらに気持ちが良くなっていく

ズチュ ズチュ ズチュ ズチュ 

あ、ああ……っ 

 

陽葵のナカは日頃のバドミントンで鍛えられており、すごく良くて射精しそうになる。

 

若い太もももスゴイ張りで気持ちがいい……。

 

陽葵は声を殺して、顔を真っ赤にしながらガクガクと震えだす。

 

ついにせり上げてきてまたナカに射精する。

 

んあっ!!

 

陽葵はついにかわいい声を出す。

 

ドクドクと出し終えた俺は、陽葵の頭をなでながら、

 

まだ終わると思うなよ、行くべきところに行く前にしっかりと楽しませてもらうぞ

 

そう言って娘にまだ終わっていないことを告げる。

 

陽葵はお父さん……?と不安そうに後ろを振り返り、父の表情を伺う。

俺はこれまでの未練を無くすべく、陽葵にまた挿入し始めた。

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

 

本作SNS情報③

4巻以降、すっかりエッチになった可愛い陽葵…… 血のつながってなかったお父さんに男を感じているのでしょうか? 

大人になりきれていない娘と、父性と他人の男感がいり混じるセ〇クスは想像の域を超えています。

これからエロエロな予感……

 

 

 

俺は陽葵の言葉によって出頭するのをやめ、自分をクズだと思いながらも家に戻ってしまった。

だが、陽葵が少しでも出頭してほしいと思っているならば、俺は出頭しようとそう決めていた。

まだ妻は旅行中。あんなことをしてしまった俺は陽葵と二人っきりでどんな顔で彼女と接すればいいか不安でいた。

そんななか、なんと陽葵が近づいてきて俺のチ〇コを優しく握ってきたのだ……。

 

わたし、お父さんに警察に行ってほしくない……と陽葵は健気に言いだしたのだ。

 

続けて本当は私がどう思っているか怖いんでしょ?と言いながら上目で俺を心配そうに見つめてくるのだった。

 

お父さん、絶対行かないで……と言われ、俺は行かないよと答える。

 

陽葵は手で俺のものをきゅっと握りしめながら、お父さんが気持ちいいことしてあげると顔を赤らめつつスマホで授業中研究したというAVのまねごとをし始めた。

 

陽葵は、おれのモノに口を近づけて舐め始めた。

チ〇コにむちゅ、ちゅ、くちゅっとキスしだす陽葵。

 

きもちいいかと尋ねてきたので気持ちいいよと答えると、陽葵は咥えて上下に動かしだす。

 

じゅぷっ  じゅぷっ  じゅぷっ

ビクビクと反応する俺。

 

陽葵は恥ずかしさで目を閉じながら勢いよく上下させ、懸命に吸いながら舌でしごき上げる。

 

ついに陽葵の口のなかに射精してしまう。

 

ひくひくしている俺のものを陽葵は優しく手で包み、お父さんの(精子)出しちゃったといたずらっ子のように言う。

それからというもの妻が帰ってきた後も、陽葵はこっそり俺にフェラを仕掛けてくるのだった。

 

ある夜陽葵が俺の部屋にきて、胸でお父さんのはさみたいと言って俺の股間のふくらみをうっとりと見つめる。

陽葵がパツパツのTシャツをたくしあげるとぶるんと巨乳がまろびる。

 

俺のモノは一気に反応してしまい……?!

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

 

いれてほしい……陽葵はえ〇ちなお願いをしてきた。

後ろから腰をつかみ、まずはマ〇コの付近に擦り付ける。

その感触と緊張で息をみだす陽葵。

俺は陽葵の中に入れていく。

まだ挿入に慣れていない陽葵の様子に一旦抜こうかと聞いたら、陽葵はドキドキしながら大きくて少し驚いただけで大丈夫だから抜かないでと答えてくれる。

声も受け入れる様子ももう大人の女性に近くて可愛いと褒めると、キスしてと陽葵が言ってくる。

頬に……?とあえて聞くと、もう大人なんだから口でいいでしょと言う陽葵。

俺は陽葵に口づけると、好き……という陽葵。

そして俺は後ろから陽葵の腰をつかんで少し激しめに打ちつける。

ギシッ ギシッ ギシッ ギシッ

ずっぷ ずっぷ ずっぷ ずっぷ

~~~~~~っ♡

イった俺に中に出されて、陽葵は顔を赤らめながら嬉しそうに、

気持ちいい……

と快感の言葉をもらす。

 

精液にまみれたチ〇コを陽葵から抜くと、マ〇コが大量のよだれをたらしている。

もっとしたいとおねだりする陽葵は次にやりたい体位があると俺に言ってくるのだった……!

 

 

仕事から帰ったあと、スーツと制服姿でセ〇クスを開始する俊樹と陽葵。

早くお父さんのが欲しかったのという陽葵は前に約束したシックスナインがしたいと言ってきて、俺のチ〇コを扱き舐め始める。

早くお父さん舐めてと言う陽葵は続けてク〇トリスも舐めてほしい、いっつも一人えっちしてるの……と言ってくるのだった。

俺のチ〇コのきもちいいところを既に知っている陽葵は、指でわっかにできるところだよねと顔を赤くしながらソコを攻めてくる。

はー

はー

俺は制服姿の陽葵に感じさせられて呼吸をととのえるのに大変だ。

そんな俺に好奇心旺盛な陽葵は、ドピュって射〇するときはどんな感じをするのかと尋ねてくる。

クラスの男子が自分とセックスしてみたいと言うのをこっそり聞いてしまった陽葵は男にとってどれくらい挿入や射〇が気持ちいいのか知りたいらしい。

エッチな事を沢山話して陽葵はますます興奮してきたのか、俺のタマを刺激しながら先っぽをちゅくちゅくと吸い始める。

おっ

おっ

ビクッ

気持ちよさで喘ぐ俺は、気持ちよがってないで私のもなめてといわれる。

シックスナインでますます激しく互いをせめあう二人。

口に深く咥えてはげしく吸い上げ上下させる陽葵

 

おっ

おっ

おっ

ンゴっ……!!

あまりにもの快感についに陽葵の口に射精すると、ビュービューと出る精〇を陽葵は口で受け止める。

とても上手だと褒めると陽葵はお父さんの気持ちいいところは大体もうわかるもんと答え、AVで気持ちいいところ勉強したんだと自慢気に言う。

もはや陽葵は自我をもち適齢期からの性の欲求をかなえるべく俺のチ〇コを求めるようになった。

ある晩は妻が横で寝ているところで、俺と陽葵は激しくセックスをする。

気持ちよさで声を抑えきれない陽葵に俺は……

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 無料ためし読みの方法

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」はブックライブコミックから読むことができます。

⇒まずブックライブコミックにアクセス(ブックライブコミック公式に移動します)

ステップ1

 

ブックライブコミックにアクセスしたら検索に「てしおにかけた」と入力します。

 

ステップ2

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」がでてくるのでクリック!

 

ステップ3

 

「無料試し読み」のボタンをクリックすると、すぐにスマホで読めます。無料試し読みでもかなりボリュームがあるので楽しめますよ。

 

続きが気になったら購入へと進みましょう。1話88円なのですごくオトク感もありますよ♪

 

 

チンジャオ娘のオススメ作品とBookLive!(ブックライブ)のご紹介

 

こんばんは。管理人えみです。

今回チンジャオ娘のエロ漫画のなかでわたしが好きな作品

チンジャオ娘【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたの紹介とオトクに読む方法をご紹介します!

チンジャオ娘とは

チンジャオ娘さんは数々の伝説的なエロ漫画をリリースしてきました。

近親相姦、姉妹、NTR、人妻、ハーレム、乱交、ブス、BBAものetc

どの作品も多彩で斬新かつ、超エロエロ

作品をリリースするたび、私たちを楽しませ魅了させてくれます!

 

チンジャオ娘【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 作品紹介

わたしがチンジャオ娘さんのエロ漫画のなかで好きな作品がこちらの、

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたです。

 

「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」の
試し読みはこちら
▼   ▼   ▼
クリック!

作品名【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 全10話
作者すぺしゃるじー/チンジャオ娘
価格1話 88pt(BookLive!コミック)
ジャンル巨乳・オフィスラブ・処女・上司

 

作画はすぺしゃるじー 

今回、【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたの絵は、すぺしゃるじーさんが担当しています。

描画がとても丁寧で美しく、女性の顔立ちや、ふとした表情、巨乳のエッチな肉体から、靴や下着などの小物までもすごくリアリティがあって素晴らしいです!

ぜひ原作をよむことをオススメします!!

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 登場人物

沢村秋子 

34才の独身BBA。田中の上司。

田中 

沢村の部下の青年。沢村より10歳年下。

 

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた  みどころ

 

「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」の
試し読みはこちら
▼   ▼   ▼
クリック!

 

若さがみなぎり性欲を持て余した青年と、実はエロエロの巨乳BBA見どころです。

ぜひオススメなので、読んでみてくださいね!

 

チンジャオ娘作品は電子書籍サービスBookLive!で読むのがオススメ

BookLive!(ブックライブ)に無料新規会員登録すると、もれなく50%OFFクーポンがGETできます!なのでチンジャオ娘の作品もオトクに読むことができます。

新規無料会員登録してぜひオトクにチンジャオ娘を読んでみましょう

BookLive!(ブックライブ)のここがイイ!

BookLive!(ブックライブ)は、国内最大級の総合電子書籍ストアです。

 

  1. 本棚が使いやすい電子書籍ストアNO.1(2018年10月度調査)。購入したマンガをいつでも快適に読めます。
  2. 毎日引けるクーポンガチャで最大50%OFF!オトクに漫画を読むチャンスがいっぱい!
  3. 無料で読める作品一万冊以上常時配信中。たくさんの作品が読めます。

 

無料会員登録で半額クーポンすぐにもらえる!ぜひ使ってみてくださいね!